2013年夏休み
 ダイラボウ ネイチャリングツアー  報告書
                                


 夏休みの810日〜12日の3日間、ダイラボウ・ネイチャリングツアーを開催し、パラグライダー・タンデム飛行に14名、ハンググライダーふわっと体験に39名のみなさんにご参加いただきました。今回はお盆の時期に重なったことに加え、事前の宣伝不足から、計画の半分にも満たない集客結果となりましたが、パラ・タンデムの高高度フライトを体験したみなさんや、初めてハングのふわっと体験をされたみなさんは、人生初の体験に大満足されていました。お集まりいただいた体験者のみなさんに御礼申し上げるとともに、ご後援いただいたJHF(日本ハング・パラグライディング協会)に心より御礼申し上げます。さらに、実行委員会メンバーおよびスタッフのみなさんにも重ねて御礼申し上げます。


 静岡SAスカイスポーツ実行委員会

  実行委員長  塩 坂 邦 雄
  実行委員会メンバー
   静岡市中山間地振興課/NEXCO中日本
   冒険倶楽部パラグライダースクール/
   静岡県フライヤー連盟/
   ハンググライダー普及委員会
/ほか
 
   報告書 PDF 



   パンフレット PDF



   会場案内図 PDF



   ダイラボウ案内図 PDF


 

パラグライダーとは、パラシュートの変形で、布とひもだけでつくられたもので、上昇気流を受けて空中を滑空します。このため、“パラ” “グライダー”と呼ばれます。



ハンググライダーとは、金属パイプで翼の形が作ってあるグライダーです。パラグライダーより高速で長距離を飛行できます。



タンデム飛行とは

 タンデムとは二人乗りのことです。熟練のパイロットがご案内しますので、初めての方でも安心して大空を飛ぶことができます。標高550mのダイラボウから50mの藁科川まで、高度差500mの空の旅をお楽しみください。

     


 ハンググライダー・トーイング方式とは


 ハンググライダーの両端にワイヤーを張り、スクーターのエンジンでハンググライダーを引っ張ります。ワイヤーにつながっていますから、高く飛び上がることなく、レールの上を走るようにスムーズにフライト体験ができます。

 ハングふわっと体験

     

 ネイチャートレイルとは


 ネイチャートレイルとは自然の小径です。自然の中をのんびりと歩きながら自然に親しみたい。そんな要望に応えられるよう、案内板や樹名板を設置したり、ガイドブックなどを作成して手軽に自然にふれあえる、そんな散策路をいいます。
 今回は、植物専門家などの案内により、ダイラボウ山頂から静岡SAまでのコースを自然に触れながら歩きます。


        



        インプルホームページへ





    インプル通信トップへ