地球環境修復プロジェクト
                 

                                        
 
    乾燥に強く管理がほとんどいらないセダムは、ヨーロッパを中心に
   環境緑化資材として大きな注目を集めています。

    私たちは、セダムを使った屋上緑化・環境緑化による「地球環境修復」
   を目指しています。





        インプルホームページへ








      インプル通信トップへ








        パンフレット PDF

 セダムとは

 セダムとは、ベンケイソウ科マンネングサ属(セダム属)の総称で、乾燥に強い多肉植物の一種です。管理の手間がほとんどかからず、1年中緑を保つため、ヨーロッパでは屋上緑化や環境緑化などに広く使われています。
私たちは主に、メキシコマンネングサ、ツルマンネングサ、オノマンネングサの3種を使用しています。

メキシコマンネングサ:北米からヨーロッパ、アジ アなどに広く分布する。こんもりとした群落を作り、花茎は上に伸びるが、あまり横には広がらない。
ツルマンネングサ:中国から朝鮮半島原産のつる性の品種。ツルが地面を這って横に広がりやすい。
オノマンネングサ:日本の原産種で、低山地の岩場などに分布する。草が小さくて株分けしやすいのが特 徴。


  メキシコマンネングサ
  


      ツルマンネングサ 
              


 高収益

 少ない初期投資
 ・既存の遊休地を利用して栽培可能
 ・苗から株分けで増産可能

 少ない農業コスト
 ・農薬・肥料等の資材費が不要
 ・通常の農作物に比較し、管理作業がほとんど不要

 他の農作物と比較し、作業労働及び単位面積当たりの 原価は少なく、収益性は大幅に高まります。

 販売先

  官公庁、大手企業を中心に、全国の大都市圏の屋上 緑化・環境緑化に展開していきます。

  オノマンネングサ


  モリムラマンネングサ
         
              

            
                   メキシコマンネングサの花

 栽培のメリット

乾燥に強く管理がほとんどいらないため、セダムは環境緑化資材として大きな注目を集めています。セダム栽培には次のようなメリットがありますが、留意していただく事項もあります。

【メリット】
・暑さや潮風にも強く、痩せ地や海沿いの砂地でも育つ
・乾燥に強く、水やりはほとんど必要ない
・農薬・肥料がいらず株分けで簡単に増える
・繁茂すれば雑草も入らず雑草予防にもなる
・根が浅いので移動が簡単で、雑草化しても抜きやすい
・毒性はまったくない
【留意事項】
・繁茂するまで1年程度は雑草取りが必要
・出荷時に土をつけて出すことが必要
・日陰でも育つが増えにくい

 
セダムの活用法

・年間を通じて緑が楽しめる
・水やり・草取り不要で管理は簡単
・屋上や道路など過酷な環境でも生育可能

【活用事例】
・ビル・マンションの屋上やベランダ
   緑によるうるおい

   ヒートアイランド対策
   防水層の保護
・道路等の緑地帯
   環境緑化
・庭園・公園等
   癒しの空間
              
          セダムと水草類による屋上緑化の事例
 【海外事例】

    オーストリアのゴルフ場クラブハウスの屋上緑化

 生産者募集

大都市のビル・マンションを中心に需要は増加しています。これに応えるため、セダム栽培者を募集します。
 栽培には、いままでのお茶や果物のような手間はかからず、だれでも簡単にセダムを育て上げることができます。

 技術指導・経営指導もいたします。

 富士山静岡空港駐車場に1/1000富士山型にセダム植栽
                          2010.6
          
  (株)インプル 地球環境修復プロジェクト
      〒420-0047
        静岡市葵区清閑町13-12
        TEL.054-272-6375
        
FAX.054-272-0750
         http://www.inple.co.jp



 
農家の意見

 
新しい農業の幕開け

            富士宮市 石川和夫氏

 セダムの話を聞いて、2年ほど前から栽培をはじめました。現在1.5aほどの茶畑を転換して、セダムを育てています。最初は、本当に手をかけずに育つのか? 逸出して周辺の農地に迷惑をかけないか? など、不安もありましたが、育ててみてそれらの心配は一切ないことが分かりました。

 乾燥に強いため水やりの必要もなく、また、根が浅いので雑草化しても簡単に駆除することができ、周辺農地への影響はありません。

 もちろん、最初は費用がかかります。茶畑の根株を掘り起こすにはユンボを入れて掘り起こして整地をし、畑を作り直さねばなりません。また、最初のうちは茶畑の腐葉土から雑草が発生して草取りも必要です。しかし、それが一段落すると、あとはほとんど手間がかかりません。

 特に、農家にとっては耕地の雑草管理が悩みの種ですが、セダムが一面に広がれば雑草も入る余地がなく、1年中緑で春にはきれいな花も咲く。なんの手間もかからずに雑草を防除でき、本当に助かっています。

 お茶の生産者価格が下落つづきで、農家としての将来性に希望を失いかけていましたが、セダムに出会い、新しい農業の道が開けた思いです。