株式会社 インプル

環境教育や自然体験の取り組みなら静岡のインプル

会社案内

株式会社 インプル
【本社】
〒420-0047 静岡県静岡市葵区清閑町13-12
【羽鳥事務所】
〒421-1214 静岡県静岡市葵区建穂1-5-21-102

TEL:054-207-8171
FAX:054-207-8504

 

HOME»  環境教育プログラム

環境教育プログラム

 

ネイチャートレイル

ネイチャートレイルとは自然の小径です。自然の中をのんびりと歩きながら自然に親しみたい。そんな要望に応えられるよう、案内板や樹名板を設置したり、ガイドブックなどを作成して手軽に自然にふれあえる、そんな散策路をいいます。
  • トレイルルート整備
    観察コースとして設定したルートについて、観察ポイントの整備や安全対策など、必要に応じて整備工事を行います。
  • 案内看板・樹名板等設置
    ルート案内図やコース標識などに加え、観察ポイントの解説看板、樹名板などを設置します。樹名板には学名や科名に加えて、樹木の特徴や花の時期などの解説が入り、より深く植物に親しんでもらうことができます。
  • 観察ガイドブックの作成
    観察ルートや観察ポイントを解説するとともに、樹名板だけでは表現しきれない植物や動物、地形などの情報を盛り込んだガイドブックを作成します。これがあれば、観察会などに参加しなくても独自に自然観察ができます。

    【もっと詳しく】

 

緑を愛する心を育てる

 木や花の名前をおぼえることは、植物や自然への関心を引き起こす第一歩です。

 学校や公園、街路などには、様々な樹木が植えられていますが、ほとんどの子どもたちはそれが何の木か知りません。しかし、その木の名前を知り、いつ、どんな花が咲くのか、どんな実がなるのか、そんなことを知れば、「今度は実を探してみよう」「そういえばあそこにもこの木があったな」などと、植物や自然を愛する心が芽生えます。

 様々な企業が、森づくりや山林管理など、緑に関わる活動をCSR活動として展開しています。緑を育てることはすばらしいことですが、未来を担う子どもたちに、緑を愛する心を伝えることも重要なことではないでしょうか。
 身近な公園や街路、学校などには様々な樹木が植えられていますが、多くの人はそれらが何の木か知りません。学校の校庭でも、先生たちでさえその種類を知らないことが多く、ほとんどの子どもたちは校庭の木に何の興味も持たず通り過ぎてしまいます。
 多くの先生方は、子どもたちに樹木や植物に興味を持ってもらいたいと思いつつも、それを教えることのできないもどかしさに悩んでいます。しかし、学校の予算では樹名板にまで手がまわらないことがほとんどです。これまで、公益財団法人静岡県グリーンバンクやライオンズクラブなどが、小学校などに樹名板を寄贈すると、大変喜んでいただくことができました。

 小学校の樹木に樹名板を贈る活動は、これからの企業CSR活動の先例として、必ず高い評価を得られるものと信じます。


【提案書】
 

 

自然体験 & 地域おこし

 新東名の開通により、静岡市の中山間地(オクシズ)へのアクセスは格段に向上しました。これを機に静岡SA(サービスエリア)を起点としてオクシズを盛り上げるための実行委員会が発足しました。ここでは、パラグライダーなどのスカイスポーツを柱に、静岡SAを日本で唯一「空の飛べるサービスエリア」と位置づけ、全国から人の集まる場所にするとともに、静岡SAからオクシズへ人の流れを呼び込むことを目的としています。そのために、スカイスポーツを中心にサイクリングやトレッキング、ネイチャートレイルなど様々なスポーツ・エコツーリズムを発信してきました。インプルは、同委員会の事務局として、ネイチャートレイル企画やイベントのとりまとめをおこなっています。

【もっと詳しく】