株式会社 インプル

環境教育や自然体験の取り組みなら静岡のインプル

会社案内

株式会社 インプル
【本社】
〒420-0047 静岡県静岡市葵区清閑町13-12
【羽鳥事務所】
〒421-1214 静岡県静岡市葵区建穂1-5-21-102

TEL:054-207-8171
FAX:054-207-8504

 

HOME»  環境教育プログラム»  静岡SAスカイスポーツ実行委員会

静岡SAスカイスポーツ実行委員会

趣 旨

 私どもは、静岡市中山間地域(オクシズ)への入り口となる新東名静岡SA(サービスエリア)を拠点として、オクシズを盛り上げていきたいと考えています。その大きな柱がパラグライダーなどのスカイスポーツです。静岡SAを日本で唯一、「空の飛べるサービスエリア」として位置づけ、全国の皆さんに集まってもらえるような場所にするとともに、静岡SAからオクシズへ人の流れを呼び込むことを目的に、スカイスポーツを中心にサイクリングやトレッキング、ネイチャートレイルなど様々なスポーツ・エコツーリズムを発信して参ります。
 当委員会の主要な目的は以下の3点です。


 ①東名との連携による中山間地の振興

日本で唯一の「空の飛べるサービスエリア」は、首都圏や関西圏からの集客に格好の場となります。静岡SA拠点に、登山やトレッキング、サイクリングなどのスポーツ・エコツーリズムを発信することで、中山間地エリアの活用・地域振興を図ります。


 ②ダイラボウとの連携による新名所の誕生

静岡SA自体は、谷間に位置するため眺望がまったくききませんが、そこから車で20分足らずのダイラボウ山頂からは静岡市街から富士山・伊豆半島まですばらしい眺望が広がっています。アクセス等を整備することで、ダイラボウを静岡市の新名所として位置づけます。

    ③スカイスポーツの振興

パラグライダー・ハンググライダーなどは、これまでマニアのスポーツとして一般には敬遠されがちでしたが、身近で、手軽に体験ができる場を提供することで、スカイスポーツの裾野を広げます。
 

 

委員会組織

  名 称      静岡SAスカイスポーツ実行委員会
  実行委員長  塩坂邦雄  冒険倶楽部パラグライダースクール校長/
             静岡県フライヤー連盟副理事長
  実行委員    中村敏朗  NEXCO中日本事業創造部
    同      新田浩之  中日本エクシス(株)静岡支店副支店長
    同      川地正孝  パラグライダー川地塾塾長
    同      鈴木博司  ハンググライダー普及委員会事務局
    同      森竹史郎  井川観光協会会長
    同      北川雅弘  日本スポーツコミッション理事
   事務局長   池谷龍生  (株)インプル代表取締役

     附則1 この実行委員会は2013年2月15日より発足する。
     附則2 この委員会の事務局は静岡市内に置く。
 

 

実 績